Only allowing owner to edit

Соняшник

2
 Соняшник

幼い頃、世界は光と青で区切られていた

濃い黄色と高い空

あなたと僕がその下で笑ってた


Ця квітка, присвячений вас
(あなたに捧ぐ花)

受験生

4
受験生

そんな時もありました。

センターが真冬なのどうにかして欲しいすと、切実に思った。

ぽすとまん

2
ぽすとまん

冬の郵便屋さん。


raz

2
raz

そうさ君は愛されてた。「君」はね。


一番書きたいところが進まないつらい。
別掲示板に残っていた中で一番気に入ってた絵でした。

冬までもうすぐ

16
冬までもうすぐ

自キャラも家主が歳を重ねた分微妙に変化します。
くりぼうです。

nevermore

20
nevermore

TOP