落書き

1
落書き


響は未来の首元に顔を埋めて、グリグリと額を押し付けて
未来は未来で、ぎゅっと抱きしめて頭を撫でる。

ただただ愛おしい日常の風景を、みんなで眺めながら、こういうみんなの幸せのために戦うんだなと確認できる、そういう役割だよねって。

(Upload) (from HTML5 version)
Tag
no tags
Comment
no comments

 


Name
Comment
Width px
Height px

Other images
Menu
TOP