スケート靴 エッジの違い

0
スケート靴   エッジの違い


上がフィギュアスケート靴。
氷に接する刃(エッジ)が真っ直ぐで、かかとより少し長い為後ろにコケにくい。
エッジの太さがほぼ4ミリ。
初心者向きですが前のギザギザ(トゥ)が引っかかりやすくコケやすい。

下はアイスホッケー靴。
刃(エッジ)が丸く、小回りがきき、急なブレーキが出来る

エッジの長さもないためかかとに乗ってしまうとコケやすい。
エッジの太さがほぼ3ミリ。
ギザギザ(トゥ)が無いためひっかかってコケることはないが、

コケてしまうと立ちにくい…


ほとんどのスケートリンクでは貸し靴でどっちもある様です。

何も言わないとフィギュアスケートの方が出てきます。

私のオススメまずフィギュアを借りて帰るちょっと前に

ホッケー靴を試してほしいです。

(from HTML5 version)
Tag
no tags
Comment
no comments

 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

Other images
Menu
TOP