長い紐の処理

0
長い紐の処理

紐が長すぎる…スケートの紐ではよくあります。

そこでよく見かけるのは靴にグルグル巻きつける人!

これではあまりにも不格好ですし、

足首を曲げるのが基本のホッケーでは腰が落とせません。


というわけで、私のスケート仲間からの伝授です。


普通の蝶々結びの輪っかを目一杯のばし一度結び目を絞める。

伸ばした輪っかでもう一度蝶々結びをする。


これだと一度ほどけても結び目が残ってるので

全部ほどける事がありませんw


見た目もいいしオススメですwww

 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

靴の履き方(ホッケー)

0
靴の履き方(ホッケー)

フィギュアとホッケーは履き方が少し違います。


①はフィギュアと同じ。かかとをコンコンします。

②地面にぐっと体重を乗せ、

足首も思いっきり曲げた状態で紐を結びます。


注意

ズボンの裾はベロと呼ばれる前の部分だけ

入れるのがベストです。

 


Name: まっくまん   Date: 2014/4/12  No:1
ズボンは後ろは入れないでください。

 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

靴の履き方(フィギュア)

0
靴の履き方(フィギュア)

③かかとより上ですがフックになってます。


それぞれのフックには上からかけるといいです。

一番上だけは下からかけて蝶々結び。

ややこしいんですけど緩みみくいです。


これも下からかける人が多いですね…

慣れてる人はいいんですけど

初心者さんは緩みやすいです。


スケート靴の紐って最初はキツく結んでも

体重をかけてる内に伸びて緩んでくるんです。



これはあくまで私のオススメ方法です。

絶対ではないので色々試してください。


 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

靴の履き方 (フィギュア)

0
靴の履き方 (フィギュア)

靴下は薄いハイソックスがオススメです。

よく分厚い靴下を履いたり、何枚も履く人がいますが

靴の中で滑るので逆に滑りにくいです。


軽く履いてみて痛いところがあれば間違いなく靴ずれが

できます。最初に絆創膏を貼ってください。


靴の履き方ですが、あくまで私のやり方です。絶対では

ないので色んな人に聞いてみて自分のやり方を見つけてください。

①かかとをコンコンとした後、

②エッジをピッタリと地面に押し付けながら紐を締めていきます。


①のまま結ぶ人が多いんですけど隙間が出来やすいです。

自靴で慣れた人以外ではやめた方がいいですね…


注意

ズボンの裾は靴の中に入れないでください。

ズボンが抜けた時、とんでもないことになります。


 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

スケート靴 エッジの違い

0
スケート靴   エッジの違い

上がフィギュアスケート靴。
氷に接する刃(エッジ)が真っ直ぐで、かかとより少し長い為後ろにコケにくい。
エッジの太さがほぼ4ミリ。
初心者向きですが前のギザギザ(トゥ)が引っかかりやすくコケやすい。

下はアイスホッケー靴。
刃(エッジ)が丸く、小回りがきき、急なブレーキが出来る

エッジの長さもないためかかとに乗ってしまうとコケやすい。
エッジの太さがほぼ3ミリ。
ギザギザ(トゥ)が無いためひっかかってコケることはないが、

コケてしまうと立ちにくい…


ほとんどのスケートリンクでは貸し靴でどっちもある様です。

何も言わないとフィギュアスケートの方が出てきます。

私のオススメまずフィギュアを借りて帰るちょっと前に

ホッケー靴を試してほしいです。

 


Name
Comment
Width px
Height px
Continue

TOP