11/28 十二国記

11/28 十二国記


正寝に忍んでいくところのイメージで

Comment

Name:   Date: 2019/11/28  No:1

新刊箇条書き

・三巻読んだ後に裏表紙見て、これは何の文様だろう、黄色…尾羽…ヒッ てなりました。なるよ。
・うこうの描写はあんなに残虐にする必要あったかなあ。
・泰麒が剣を持つのが良かった。黒麒麟はただなんとなくカラーが黒なわけじゃなくて、異質だからこその黒い麒麟でむりやり叩頭するし饕餮も指令に下す。
・なんなら泰王も泰麒もたおれて新しい麒麟が健やかに育つ…みたいな悲しくて明るい結末ありえる…と思って4巻よんでたから、そうじゃなくて本当によかったです。
・阿選は最後自分の席で見てるだけだったのがなんだかな。でも歴史書の短い文字で討たれたのを知るのはそれはそれでグッときた。
・尚隆は、最近の話の流れで行くと、ゆくゆくは陽子に超えられていく王として書かれる気がしてちょっとさみしいんだけど、今回は登場しただけで安心感&万能感がすごかった。さすが延王。

 

 
Other images
Menu
TOP