夏の陽射しと午後のひと時!

5
夏の陽射しと午後のひと時!


オリジナル小説「蛇の眼の少年」の海路です。


午後になって、お日さまが西の方各に傾きはじめても、やはり夏の日差しのエネルギーはオーロラのカーテンがはためくように、ぬくもりが半端ではないようです。アパートの窓辺の手すりにもたれて、うたた寝をしていた海路をおやつで足元にこぼした、おこしをねだるように茜色のひかりに照らされながら数羽のすずめたちが戯れています。チュンチュンとゆう鳴き声に海路も穏やかに眠りから覚めた様子です。

父子家庭で一人っ子の海路はいつもこのように1日を過ごしているようです。

(Upload)
Tag
no tags
Comment
no comments

 


 

 

Name
Comment
Width px
Height px
Continue

Other images
Menu
TOP